「Bit Defender」と「Comodo FW」がコンフリクトしてPCが固まりまくった模様 

 ここ最近、PCが妙に固まるというか、数秒からヘタすれば数十秒もの間、まったく入力を受けつけなってしまいます。いわゆるフリーズ。
 俗に言う「プチフリ」ってヤツですね。
 プチフリというとSSD初期によく語られましたが、最近のSSDはプチフリしないらしいし…

 ということで、おそらく常時起動系のプログラムが怪しいと言うことで、ひとつずつ潰していくことに。

 まず最初はインテルのラピッドストレージテクノロジー。
 SSDをキャッシュドライブとして使う常駐モノ。
 なにも考えずに最新版にバージョンアップして使っていましたが、よく調べると最新版は僕が使っているZ68世代のMBは非対応とのこと。
 そこで、インテルのサイトからZ68に対応している旧版を拾ってきて再インストール。
 →効果無し。

 次は「バックアップソフト」。
 これのスケジューラサービスが悪さをすることがあるらしいとのこと。
 マイPCにはWDのHDDのオマケとして使用可能なAcronisのTruImageが入っているので、これのサービスをストップ。
 →プチフリ解消せず。

 次に疑ったのはアンチウイルス。
 最近、アンチウイルスはAviraからBitDefenderに変えたので、これが怪しいような…。
 で、BitDefenderを停止させるも動作変わらずorz

 次はCOMODOのFireWall。
 先頃のバージョンアップ以降、オンにしていたプロセス監視機能の「HIPS」をオフ→効果無し。
 面倒なので全機能停止→効果無し。

 このあたりで原因解明に煮詰まった感が漂い始めましたが、どう考えてもBitDefenderが一番あやしいので、機能停止じゃなくてアンインストールすることにしました。

 結果、プチフリが収まりました。


 いろいろ調べたところ、どうもCOMODOとBirDefenerは相性が悪いとのこと。一部の機能が衝突して、かつその機能をオフにすることができないらしい。
 正直、BitDefenderは使いやすくて気に入っていたのですが、Comodoを外すのも困るので、結局アンチウイルスはAviraを入れ直しました。

 アンチウイルス回りは、システムの奥深くに関わってくるので、トラブルが発生しやすいのが困りもの。
 なんかの記事で「アンチウイルスとかWindows標準で十分」って記事がありましたが、安定性重視ならそれでもいい気がします。
 ウイルス対策は「出所が怪しい実行ファイルは開かない」でけっこうなんとかなりますし、それで対処できないブラウザのセキュリティホールを突いたタイプのウイルスは、アンチウイルスで防げるかどうか微妙ですし…。

 ただ問題は、Windows7標準のアンチウイルスって、検出力以前に重くて使いにくいんですよねぇ…。
関連記事
[ 2017/05/30 10:42 ] デジモノ | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2512-23faa2a6