Steamのセールで1.6万円で10本購入。遊んだタイトルを紹介してみる。 

 先日のSteamサマーセールでごそっと大人買いしてみました。
 その数10本。お値段は16,557円。

 Storeでダラダラとカタログ見ながら面白そうなのをポチっていったので、初見のもけっこうあったり。
 せっかくなので、プレイ済みのものをファーストインプレッションです。

 すべてSteamのストアページにリンク貼ってあるので、そちらのレビューとかも参考になるかと思います。
 まぁPCゲーはニッチな作りのも多くて好き嫌いがハッキリしそうなヤツも多いので、安いのはレビュー無視して買って自分で試した方がいいと思いますがw


------------------------------------------------------------------
ARK: Survival Evolved:1241円
------------------------------------------------------------------

 無人島恐竜時代サバイバルゲーム。
 日本語対応。
 サーバーにつなげるMMOプレイとローカルでのソロプレイができます。
 僕はローカルで経験値効率などを少し弄ってプレイしました。

 サバイバルクラフトゲーといえばコレがまっさきに浮かぶほどのメジャータイトル。
 かなり今さらプレイですが、人気作だけあって普通に楽しかったです。

 ゲームから与えられる目的みたいのはなくて、ポンと無人島に放り投げられて、あとは「頑張って生き残ってね」なゲーム。
 死んでも普通にリスポーンするので、事実上縛りは一切ありません。
 
 好き勝手に家作ったり服作ったり武器作ったりするだけのゲームです。
 それだけのことが楽しいんですが。

 「目的ないゲームとかつまんなくね?」というタイプの人にはまったくオススメできず。
 あとは「恐竜が出てくる無人島」って世界観がハマれるかどうか…が大きいと思います。
 僕は恐竜嫌いじゃないですけど、どうせならドラゴンとかグリフォンが出てくる世界の方が好きですw

 あと、グラがけっこうキレイなので、自然を楽しみながら散歩してるだけでも楽しいかも。

 1200円分の価値は十分です。




------------------------------------------------------------------
Empyrion - Galactic Surviv:990円
------------------------------------------------------------------

 無人惑星不時着サバイバルゲーム。
 英語のみ。
 日本語不可ですが、ストーリーがあるわけじゃないので、英語難度は比較的低め。読めなくても気合いと攻略サイト見ればなんとかなります。

 こちらもArkと同じサバイバルクラフトゲー。このジャンル大流行すね。
 Arkが恐竜時代無人島だったのに対し、こちらはSF無人惑星不時着物語。

 あくまで序盤プレイでの比較ですが、Arkのクラフトで作成できるものは、単純な衣服、斧や槍などの原始的な武器などなど、シンプルな道具が中心。いっぽう「Empyrion」はSFチックな装置を使って、「酸素生成装置」「銃器」「バイク」などの、ハイテクノロジーなものを作成できます。
 僕はそこまで進んでいませんが、宇宙船作って他の星に行ったりもできるらしいです。

 ゲームの根幹となる「拾って集めていろいろ作って未知の世界を冒険する」という部分はArkとそんなに変わらないので、世界観や雰囲気が好きなほうを選べばよいのではないでしょうか。

 こちらもグラはかなりキレイ。
 990円分の価値は十二分にあります。




------------------------------------------------------------------
Avorion:1424円
------------------------------------------------------------------

 クラフト要素をくっつけた宇宙系サンドボックスコンバットフライトシミュレーター。
 日本語化MODあり。
 X3やELITE:DANGEROUSの経済システムを簡素化して、集めた素材で装備を作成できるようにした感じ。

 交易、戦闘、採掘など、一通りのことはできるようになっています。

 船の作成は、三角錐や四角柱を組み合わせてボディを作り、そこにスラスターやエンジンなどを置いていく感じ。
 なので、めちゃめちゃ拘った形の船は難しそうですが、センス次第で十分なヤツは作れそうです。

 スペースフライトシムが好きならけっこう楽しめるかと。
 ただ、「船を自分で作る」部分に、そこまで魅力を感じないなら、基本的なゲームシステムがより綿密に作られているX3やE:Dをプレイすれば良い気がします。

 1424円なら十分すぎるコストパフォーマンス。
 ただし、チュートリアルがあまり親切じゃなく、大事な操作方法や情報がゴソっと抜けてたり。日本語の攻略ブログやSteamのレビューなどを見てプレイしないと詰む可能性もちょっとだけ…。




------------------------------------------------------------------
PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS:3300円
------------------------------------------------------------------

 今話題の100人バトルロイヤルサバゲーFPS/TPS。
 日本語対応。
 
 ソロプレイの場合、「撃ち合い」というより「鬼ごっこ」してる感じ。
 見つかると死ぬので、見つからないように慎重に移動することになり、結果として「とても地味」なプレイになります。
 まぁその緊張感がこのゲームのウリなワケですがw

 従来のFPSタイトルのハデな撃ち合いを期待している人はヤメた方がよいかと。
 逆に広大なフィールドで、戦略を駆使した殺し合いを楽しみたいなら、手を出してみるとよいかもしれません。

 けっこうクセがあるゲームなので、好き嫌いがハッキリしそう。
 ハマれれば3300円とか超お買い得ですが、少し遊んで合わずにポイってパターンを珍しくない気がします。

 とりあえずTrailer貼っておきますが、Twitchとかニコあたりの実況動画みると、雰囲気がより伝わりやすいかと。




------------------------------------------------------------------
EVERSPACE:2384円
-----------------------------------------------------------------

 Steamのレビューにもあるように「ローグとかトルネコみたいなスペース3Dコンバットフライトシム」。
 英語。

・ランダム育成されるセクターで戦闘や採掘をして経験や装備を稼ぐ。

・入手した素材を使って船の強化や装備を作成して自機を強化する。

・やることやったら任意のタイミングで次のセクターへジャンプ。

・上記のルーチンを数回くり返して、どんどん宇宙の深部へ進んでいく。

 といった流れ。
 途中で死ぬと、入手したアイテムが消滅して最初からやりなおし。
 ただし、お金は残るので、それを使ってスキルなどを購入して自機を強化していきます。

 まさにトルネコ。

 「どれだけ深いセクターまで進めるか」を楽しむゲームであって、一般的な「交易や戦闘をしながら、宇宙を自由に飛びまわる」タイプのスペースシムではありません。
 また、PVだとシューティングよりな印象が強いですが、そこまでシューターでもないです。戦闘寄りではありますが。

 宇宙の背景グラはかなりキレイで、飛んでるだけでも楽しいです。
 個人的には2384円ならオススメ。




------------------------------------------------------------------
Dungeon Warfare:245円
------------------------------------------------------------------

 オフィシャルの紹介文によれば「ダンジョンの王となって冒険家を撃退するタワーディフェンス」。
 日本語対応。

 フィールドに様々なワナを設置して、自動で突撃してくる冒険者軍団を皆殺しにするゲーム。
 プレーヤーが行うのは「ワナの設置」だけで、直接敵を攻撃はしません。
 「仕組みを作ったら、あとは見てるだけ」なタイプのゲーム。

 影牢の2Dドット絵版ってのが分かりやすいかも?
 PCゲーだと「Orc Must Die」の「ワナを作って、敵が突っこんでくるのを待つ」部分を抽出した作りでしょうか。

 シンプルだけど、地形を活かしたトラップや、複数トラップによるコンボを組み上げていくのがかなり楽しい。
 でもって、懇切かけて作ったトラップに無数の冒険者どもが突撃してきて、血しぶきを上げながら倒れていく様を眺めているのが気持ちよすぎw

 245円なら即買いです。即買い。
 ちなみに定価は980円。この値段でも十分なコスパだと思います。




------------------------------------------------------------------
NieR:Automata Standard Edition:5896円
------------------------------------------------------------------

 スクエニからPS4で発売されてる、アクションRPG「ニーア:オートマタ」のPC版。

 2Bちゃんカワイイ。

 なかなか…というか、かなり面白いです。
 昔の凄かったころのスクエニをちょっと思い出したくらいw

 開発はプラチナらしく、アクション部分はベヨネッタにけっこう…というかかなり似てます。
 バトル部分以外は、古き良きスクエニRPGぽい感じでしょうか。

・フィールドやボス戦はベヨネッタライクなアクションゲーム
・フィールドマップはかってのJRPG的な寄り道し放題ミニクエいろいろ
・中二風味の重めストーリー
・自分なりのカスタマイズが楽しめるキャラ育成&装備システム。

 上記のゲーム的な作りにくわえ、なによりストーリーというか世界観が良いです。
 世界観やストーリー、BGMにちょっとしたテキストなど、ゲームを構成するものすべてによって、全体を「せつなさ」と「やさしさ」で覆っている感じ。
 とくにBGMがイイです。染みるわー。

 戦闘は、ぬるいアクションじゃなくて、けっこうな本格派なので、そのへんが苦手な人は避けた方がいいかも。
 アクションが苦にならない人で、かつPVを見て世界観が気に入ったら、買って損はないと思います。


 詳しくはクリアしたらレビュー(する予定)。

 trailer貼ろうかと思ったけど、ちょっと見たら軽くネタバレしてるっぽかったから割愛w
 Youtubeとかでどうぞ。



----------------------------------------------------------------------------------

 他にも「Cloudbuilt:495円」とか「Mark of the Ninja: Special Edition:445円」とか「Hunted: The Demon's Forge:137円」も買ったんですが、手が回らず積んでます。
 Huntedの137円とかどうなんだろ…。

 しかし、Steamも日本語対応タイトル増えましたねぇ。
 スクエニやコエテクといった、日本の大手メーカーが参入したのにくわえ、海外のインディーメーカーでも日本語対応しているのがかなり増えた印象です。
 日本のPCゲームって壊滅状態かなーって思ってたんですけど、意外と「購入者数」は多いのかもしれませんね。
 PCゲームが盛り上がって嬉しい限りです。
関連記事
[ 2017/07/13 14:54 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2519-41be998c