『Murderous Pursuits』紹介&レビュー。8人の暗殺者たちによるカジュアル殺人ゲーム 

 『Murderous Pursuits」は、ヴィクトリア朝風の客船を舞台に、8人の暗殺者達による「自分の標的を暗殺すると同時に、自分を狙う暗殺者から逃げる」というシチュエーションが繰り広げられる、カジュアルなマルチプレイ対戦ゲーム。

 茶褐色の強いセピアチックなグラフィックで描かれた登場人物や客船は、独特の雰囲気があり、好きな人にとっては、このビジュアルだけでフラっとポチってしまいそうなデキです。



 以下、ゲームの紹介と1時間ほどプレイしての感想です。

豪華客船で繰り広げられる暗殺ゲーム

 ステージとなるのは、3Dで描かれた巨大客船。
 客船にはたくさんの乗客や乗員がいて、それら無数の人の中から、自分が殺すべき標的を探しだして殺すのが目的。
 同時に、自分も他の暗殺者の標的となっているので、見つからないように行動し、襲われたときは返り討ちをねらいます。

 ユニークな設定かつ日本語非対応なため、初めはワケが分からないかもしれませんが、基本はシンプルなのでトライ&エラーで遊んでいればすぐに理解できると思います。

レーダーを頼りに標的を探す

 まずは、無数の乗客の中から、自分が殺すべき相手を見つけだすところからゲームスタート。

 標的をどうやって見つけるかというと、ゲーム画面に表示される「レーダー」を頼りに位置を割り出すだけです。
 レーダーに標的の方向と距離が表示されるので、それを頼りに船内を歩き回ります。
 レーダーに「標的が近い」と表示されたら周囲の客を観察。各自の動きとレーダーの情報を照らしあわせながら標的を特定します。
 聞き込みとか証拠集めといった、推理ゲーム的要素は一切ナシです。

 次は見つけた標的を殺します。
 標的に近づいてボタンクリックすればOK。
 相手が正しい標的であれば暗殺成功。間違っているとミスとなります。
 また、ときには標的が反撃してくることもあり、反撃された場合は暗殺失敗です。

 人がいなくなるタイミングを計ったり、殺し方を考えたりする必要はナシ。
 殺人シーンでもアクション要素などはありません。

 暗殺するための「捜索」と「殺し」のシークエンスはコレだけです。
 お手軽すぎるがゆえに、推理モノやサスペンスものにある「ドキドキ感」みたいのはないです。

暗殺されないようにコソコソ動く

 暗殺の手順は上記のようにシンプルですが、もういっぽうの「暗殺者から逃げる」方もきわめてシンプル。

 キャラクターには見つかりにくさを示す「Exposure Bonus」という数値が設定されています。
 この数値が高いほど敵に見つかりにくく、低いと標的だということが露見しやすくなります。

 で、この数値は「動くと下がり、特定のポイントで立ち止まっていると上がる」というルールで増減します。
 つまり、プレーヤーは「移動するかしないか」で、見つかりやすさを調整します。

 実際のゲームプレイでは「見つかりやすさ」とは別に、自分に近づいてくる怪しい人物の動きを観察して反撃するという要素が加わるので、もう少し駆け引き要素が発生します。
 が、それもあっさりとした「タイミング駆け引き」でしかないので、セールストークとして「駆け引き」のおもしろさをアピールできるほどではないです。

コンセプトは楽しそうだが、ゲーム体験がシンプルすぎる

 「Murderous Pursuits」は、上記の「標的を見つけて殺す」と「自分を狙う暗殺者に殺されないようにする」を、同時にこなしながら進んでいきます。
 「殺す」「標的に逃げられる」もしくは「自分が殺される」「暗殺者を返り討ちにする」のどれかが発生すると、標的・暗殺者がリセットされ、新たな標的探しを始めます。
 1回のゲームは10分間。その間に殺し殺されを繰り返し、殺した数などで決まるスコアによって勝敗が決まります。

 ルールも操作方法もシンプルで、誰でもすぐに遊べるようになる反面、あまりにシンプルで「深さ」が足りないかなって気が…。
 また、1試合の間に何度も戦闘が発生するテンポのよいシステムゆえに、同じ事の繰り返しが多くなって飽きやすそう。

 カジュアル対戦ゲームとしては悪くないと思いますが、「PCゲーム」という分野で、その需要がどの程度あるのかは正直疑問です。


 というわけで、すいません、1時間遊んで返品しましたorz
 個人的には2000円はちょっと高いって評価です。
 1000円以下なら、ビジュアル目当てと暇つぶし用で「アリ」かもしれません。

 ただ「暗殺者であると同時に標的でもある」という基本コンセプトや、アートの方向性はとてもいいです。
 アップデートなどでゲーム性が増していけば、化けるかもしれません。

 あと、僕はそれほど評価していませんが、Steamのレビューは上々です。
 基本コンセプトの斬新さにくわえ、シンプルなゲーム性、10分で決着がつく手軽さなどが、魅力となっているようです。


関連記事
[ 2018/05/06 22:24 ] ゲームレビュー | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/2575-361da75f