地球の周りはゴミいっぱい:スペースデブリクライシス 

 漫画「プラネテス」では、主人公は宇宙に散らばるゴミ(デブリ)を回収していましたが、あの世界が現実となるのもそう遠くはないかもしれません。

 国際宇宙ステーションで大掃除、大量のゴミは宇宙にポイ捨て(Technobahn)

 宇宙ステーションで大掃除をして、出てきたゴミ500kgを宇宙に放り投げたそうです。
 んー、まぁいろろやむにやまれない事情もあるんだと思います。持ち帰るには重すぎていろいろ不都合がでるんだろうし、いつまでも置いておくと質量増えて大変なのかもしれません。とはいえ「ポイ捨て」とかされると他にやりようがないんだろうかと思っちゃいますね。

debli.jpg
地球の周りに浮かぶデブリの様子。
マジでゴミだらけすぎ。

 一応1年で大気圏に突入して燃え尽きるらしいですが、デブリ同士、もしくは他の微細デブリとぶつかって、こなごな飛び散ってもっとデブリ化しちゃうかもしれませんし…。
 なんていうか「実際に目に見える危険が生じないと気にしない」っていう人類のクセは、いいかげんなんとかしないとヤバいと思いますがね。豪雨と干ばつでズタボロになってから環境対策を初めても手遅れなワケで。

 なお、現在地球の軌道上にはある程度の大きさのものだけで1万、小さいモノもいれると数百万ものデブリが周遊しているとされ、その数は宇宙開発が進むに連れ劇的に増加しているそうです。
 デブリの移動速度は低軌道で7~8km/秒、高軌道で3km/秒。ちなみに小銃の弾が数100m/秒なのでケタが違います。キロ秒ですからねー。なので数cmのものですら、当たり所によっては衛星をぶっ壊すことが可能らしいです。(ぶつかれば必ず大破っていうことではないようです)。

 ロシア宇宙局、デブリとの衝突回避のため国際宇宙ステーションの軌道を緊急修正(Technobahn)

 なので、宇宙ステーションとか人工衛星はデブリが近づいてくると、こんな感じで必死こいて逃げなければなりません。んーデンジャラス(>_<)

 僕が子供の頃は、民間人が衛星軌道に行ける時代がくるとは夢にも思っていませんでしたが、いつのまにか実現しそうです。もっと年を取ったときに、気軽に宇宙に行けるようになっているかどうかは分かりませんが、仮に行けないとして、その理由が「宇宙はゴミだらけだから」にだけはならないで欲しいものですm(_ _)m。

<関連リンク>
スペースデブリの研究(宇宙航空研究開発機構:JAXA)
 JAXAで公開中のデブリ除去システムムービー
スペースデブリ(Wikipedia)
Space debris: evolution in pictures(European Space Operations Center)
スペースデブリが増加して混沌とした地球の姿(GIGAZINE)
中国の作ったデブリが宇宙ステーションと激突する軌道ムービー(GIGAZINE)

関連記事
[ 2008/08/30 19:03 ] サイエンス | TB(0) | CM(1)


人間は行動がいつも手遅れだよ
ため息が出るね
[ 2008/08/30 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/370-5bc72820