任天堂宮本氏が「ゲームの過激な暴力表現」に懸念 

任天堂の宮本さんがビデオゲームの「暴力」を憂いている模様。

Miyamoto “Concerned” with Videogame Violence(Edge)

 宮本さんはロンドンを訪れているときに、Channel4というイギリスの公共テレビ局のインタビューを受け、その中で
「多くの開発会社がより刺激的なもの提供しようと過度な暴力表現に夢中になっていることを心配している」
という発言をしました。さらに
「私はもっと他のやり方でも暴力表現以上にプレーヤーを引きつけられると信じている」
とも。

gears2_1022.jpg
ゴア表現の過激さも話題となっているGear2。ちなみに日本では発売されない説が有力に。
過激表現のせいか、出してもろくに売れないからなのかは不明。


 このへんは、マリオシリーズなど全年齢向けソフトを作ってきた宮本さんらしいスタンスだと思います。一瞬血みどろマリオが頭に浮かびましたが速攻消しました( ゚д゚)

 個人的には、たしかに、最近のゲーム、まぁほぼ洋ゲーなんですが、は残虐な暴力表現、いわゆるゴア表現に力を入れすぎじゃね? って気がしないでもないです。少なくとも自分の子供にはやらせたくない。

 Fallout3のPS3版延期はSCEの残虐表現規制に引っかかったんじゃね? と言われたり、Gears2のクリエイターがいかにゴアな表現に力を入れたか力説したり、メジャーどころではGTAも暴力行為を楽しむ側面もあったりと、あちらの人気ゲームには多かれ少なかれ暴力や残虐表現を取り入れたモノが多め。

 僕がゴアとかスプラッタとかホラーとかキライな人なんで、見方が少々厳しくなりますが、あんまりグチャグチャギチョギチョンと連発されるとちょっと引きますねぇ…。ギアーズは面白かったけど、殺すときに「そこら中が肉片と血痕だらけさ」とか力説されるような表現はなくてもイイっていうか、むしろいらない。
 Rockstarの人殺しゲー『Manhunt2』とか、ゲームやらない人から見れば不謹慎きわまりないだろうし。

 まぁレーティング表示があるし、ネットや公式サイトの事前情報チェックなどで、その辺は明らかになるんで「イヤなら買わなきゃイイ」だけなんですけど、大作ゲームがそればっかになられてもヤダなぁと…。てかメインストリームがそれだらけになったら、さすがにゲーム自体サブカル化して、一般化しないと思うんだけどなぁ…。
 でもアメリカじゃギアーズもGTAもバカバカ売れちゃうから、そのへんには寛容なんですかね。

 個人的には、ゴアるか規制入れるかを選択できるとありがたいです。

【Xbox360】『Gears of War 2』のドキュメンタリー動画がヤバすぎる件(ゲーム速報刃)
 制作者がいかにギアーズで血みどろ表現がスゴいかを力説中
関連記事
[ 2008/10/23 00:26 ] ゲームニュース | TB(0) | CM(0)


コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/588-226de71f