JASRACに独禁法違反で排除勧告。でも使用料が安くなるワケじゃないよ!? 

 公正取引委員会がJASRACに対し音楽著作権管理に関する排除措置命令をだす方向にあるそうです。

JASRACの音楽著作権管理、排除措置命令へ 公取委(NIKKEI NET)
JASRACの独占禁止法違反認定か、公正取引委員会が排除措置命令へ(GIGAZINE)
JASRAC排除命令へ 「包括契約」新規参入を阻害(Yahoo)

 命令はJASRACがテレビ局などと結んでいる楽曲“使い放題”の「包括的利用許諾契約」の見直しを求める内容になるとみられる。
 
 この契約方法では、圧倒的シェアの楽曲を管理するJASRACに一定額を支払えばその楽曲を好きなだけ使えるため、放送局側にとっては別の業者と新たに契約を結ぶことは追加支出が必要になる。公取委はこの使用料徴収の方法が他事業者の参入を妨げていると判断、実際の使用頻度に応じて徴収する方法に改めるなどして独占状態を解消するよう求めるとみられる。



 えーっとJASRACの業務形態にケチがついたわけではなく、あくまで「放送局との包括的利用許諾契約」に注文がついたというのがポイント。
 包括契約では、1曲いくらじゃなく、放送局の事業収入の1.5%を払えばあとは使い放題。つまり、包括契約さえ結んでおけば、他の弱小管理団体から曲を買わなくてもOKとなるのが問題視されました。別に「著作権管理をJASRACが1社支配しているのはケシカラン!」というわけではありません。

 長期的に見れば、今回の排除命令がJASRACの独占支配が崩れるきっかけとなるかもしれませんが、すぐさま目に見える形でユーザーにメリットがあるかと言われれば多分無いかと…。
 包括契約と1曲契約での使用料の違いは定かではありませんが、多分セット売りである包括の方が値段は安くなっているでしょうから、結果として曲使用料は値上がりとなり、放送局は流す数を減らしたり、マイナーな曲とかはあまり流さなくなるかもしれません。
 またCDやら着うたやらとは無関係(多分)なので、そちらの値段がどうこうということも無いでしょう。

 まぁ著作権使用料回りはもう長い慣習となっているので、変化は地道に与えていくしかないのかもしれません。そう考えれば今回の排除命令が持つ意味は大きいのかも。
 JASRACを変える、よりマシな管理団体にする、どちらでもいいですが、時代にあった著作権管理のシステムを作り上げるのが大事だと思います。
関連記事
[ 2009/02/25 13:22 ] デジモノ | TB(0) | CM(1)


ざまぁw

と思ったけど正直よく分かんなかったw
一般の人には関係のないことだったのね
[ 2009/02/25 17:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿


蔑称使用、誹謗中傷や罵詈雑言、煽りコメントは禁止。

ネタバレも基本的に禁止。随時削除します。

スパム対策のため「http」が使えません。

お手数ですがhを抜くなどで対応お願いします。














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://graffito.blog14.fc2.com/tb.php/841-8cecc9ed