LoLのランク戦のチャットがやたら攻撃的な件。もう少し柔らかい口調で話せばいいのに… 

 前回に引き続き、最近はLoLのプレイ頻度が上昇中です。

 で、10戦ぐらいランク戦をやってみたのですが、勝率がだいたい5割弱ぐらいでしょうか。
 ノーマルだと勝率が6~8割ぐらいあったのと比べると、かなり下がりました。
 ノーマルと比べると、ランクのほうがプレーヤーのレベルが明らかなレベルで高くなっているので、当たり前と言えば当たり前ですが。

 LoLというゲームを「うまくなりたい」「つよくなりたい」と思うのであれば、ランクに行ったほうがいいです。
 間違いありません。

 でも、僕はランクはお腹いっぱいなんで、たまーにやるぐらいにしておこうかな…とw


 なんでランクを避けようかと思ったかと言うと理由は3つありまして

1:うまい人がへたな人を見下す発言が目立つ
2:チャットがなぜか煽り口調
3:自分がヘタなせいで負けると胃が痛くなる

 以上。

 ハデに死にまくると暴言が飛んでくるのは当たりまえで、LoLだと「ゲーム的な定石を守れていない」とかでも暴言アタックが飛んできます。
 死にまくりは頑張れば避けられますが、さすがにゲーム内の動きまで文句つけられちゃうと対処しようがないんですよね。こっちは始めたばっかりの低ランクなんだからw 分かんねーっつうのww

 で、その辺の文句も丁寧な言葉で話して頂ければ、ためになるアドバイスとして受け止められるのですが、なんでか分からないけど、LoLのチャットは口調がもの凄く荒いw

「ワニさん、一人で突撃しないで他の人と一緒に行きましょう」と言えばいいところを「なにやってんのこのワニ? 勝手に突っこんで死んでんなよ」とキレ気味トーク。

 他のゲーム、FF11とかWoWあたりは、基本的に口調は敬語でした。LoLでよく見かける「初対面なのに、いきなり挑戦的な口調で話してくる人」っていなかったんじゃないかなぁ。

 なんだってLoLは、ここまで汚い言葉使いなんだろう…?
 対戦型アクションで長々とチャットしている時間がもったいないって意見もありそうですが、命令口調をですます調に変える程度なんだから、根本的に「丁寧に話そう」って思考がないんだろうと思います。(それとも、今どきはFFみたいのが例外で、LoLが普通なんですかね?)

 ランク戦だと勝ちへの意識が強くて、負けてるとイライラするってのがいちばん大きな理由だと思いますが…、だからといって攻撃的口調が正当化されることにはならないですよねぇ…。

 口が悪い人は極一部で、大多数の人はそんな様子を苦々しく、もしくは生暖かく眺めているのでしょうが、現実問題として、初心者からすれば、極一部に吐かれた暴言のほうが圧倒的に心に残ります。

 もしLoLをプレイしていて、ヘタクソプレイにイラっとして強い口調で毒を吐いたことがある人は、「現実世界で知らない人と始めて会った時の口調」という、ごく当たり前の話し方で、まずいところを指摘して頂ければなぁと思います。
 そうすると、初心者がランクに怖れを抱いて逃げだす率が下がって、プレイ人口増加、ひいてはプレイの質が向上するんじゃないですかねぇ…。


 ちなみにチャットが荒れがちなのはランクの下位(上の方のチャットは見たことないからしらない)の話。
 ノーマルのレベル30の試合は、ランクほどガチじゃないので、まずいプレイしても非難とか飛んできません。
 モニターの向こうで苦笑してるとは思いますがw

 つかノーマルは、チャット自体ほとんどないんで、マイペースでプレイしたい人にはいい環境だと思います。
 うまい人だと、すぐに物足りなくなる気もしますが。


 ちなみに避ける理由の3番目「責任が重くて大変」も実は大きいんですが、これはチーム戦のガチバトルだとどうしようもないw
 ここを楽しめるかどうかが、ランクを楽しめるかどうかの一番大きなファクターなのかなとも思います。


【おまけ】
「League of Legends」で腕を上げたければ,ランク戦に挑むべき! ノーマルだけでは上達できない10の理由(4gamer)

[ 2017/10/04 00:12 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(4)

LoL初心者が語る「LoL初心者はサポートやらないほうがイイと思う」理由 

 最近は、流行のPUBGをちょいちょい、復帰したLOLをまぁまぁプレイしてます。

 オートマタの3週目をやろうやろう思ってますが、2週目で挫折中ですorz
 積んだペルソナ5を遊び始めるのはいつの日か…。

 で、LoLの話です。

 僕は対して上手くないので、ランクやると暴言煽りで心が禿げ上がっちゃうので、基本的にノーマル専門。
 で、ロールはADCメインで、コール負けしたときはサポート→トップって感じでプレイしております。

 で、ぼちぼち300勝300敗が見えてきたのですが、それぐらい遊んだ感じで思ったのが

 うまくなりたいのなら、初心者はサポートやらない方がいいね!

 ってこと。
 いろいろ理由はあるのですが、いちばん大きいのは

 サポートは「責任」が分かりにくい。

 ってこと。
 他のレーンだと総与ダメとかキルデスとか、さらにいえばCSとか、数字で自分の功績を確認できるのですが、サポートはそれがいっさい無い。

 で、数字に拘る必要はないのですが、数字がまったくないと「自分のどこがうまかったのか、へただったのか」がとてもとても分かりにくい。

 ある程度ゲームに慣れてくると、自分のサポートのどこがまずかったのか分かってくるのですが、最初はなかなか気づかない。
 それどころか、自分のポジショニングやハラスがヘタで、戦闘の負担が全部ADCにかかってしまい、結果としてADCが死にまくったとしても、そういったことが分からない初心者サポートだと「このADCヘタすぎ…」なんて思っちゃったりするワケですよ…。

 さすがにコレだと、いつまでたっても上手くなれないと思います…。

 個人的に初心者にオススメなのはTOPですかねぇ。
 その次がMID。以下ADC→JG→SUPでしょうか。

 基本的にソロレーンのほうが、自分のうまいへたが分かりやすい=うまくなりやすいのでいいのかなぁ…なんて思います。
(ソロレーンで負けまくり、チームの足を引っぱって負けが混む…というネガティブな面はありますが…)

 TOPは対面に誰がくるかでやることが大きく変化するので、多くのキャラの特性を覚えるのが大変ですが、そこさえ乗り越えれば、比較的やることが絞られていて入りやすいのではないでしょうか。

 MIDはとかやること多い、操作は大変、さらに責任も重すぎと、初心者は禿げ上がりそうですが、結局このゲーム、どのロールも責任の重さはあるので、そこに慣れないとどうしようもないし…。

 ADCも悪くないと思いますが、2対2のレーンって初心者には大変なのかなぁ…と思います。

 JGはゲーム全体のメカニクス分かってないと、「なんとなくプレイ」しがちなので、一通り他のロールをプレイしてからでないと上達しにくそう。


 まぁ、最終的には「いちばん自分がやってて楽しいところヤレ」で終わりそうですけどw
 結局、どのロールにも別々の責任や難しさがあって、「初心者でも簡単にできる」ってところがないんですよね…

 自分に合うところを探す過程でFeedして見方の足引っぱるのが心苦しいケースもあるとは思いますが、そこは諦めるしかないかなぁと思います。

 うまくなった暁には、自分が初心者に足引っぱられるでしょうから、持ちつ持たれつってことでw
[ 2017/09/30 04:11 ] ネットゲーム | TB(0) | CM(0)

ミニスーファミ転売横行。結局、転売対策って予約優先ぐらいしかなさそう…? 

『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』に早くも転売屋が!? 『Amazon』では異例の注意書き(ガジェット通信)

 たしかSwitchのときも、似たような注意書きがあったと思います。
 Switchといいコレといい、最近は…というか昔から転売ネタは尽きることがありませんねぇ…。

 僕は「品薄だけど、どうしても欲しい」というモノがほぼ無いですし、チケットなんかも当たらなければ諦めてしまう人。さらに、普段の買い物でも少しでも安いものを無意味に時間をかけて探してしまうような人なので、転売ヤーから高額で購入するつもりはないのですが、いっぽうで「利用してしまう人」の気持ちも分からなくはないんですよね。

 「どうしても欲しい」のであれば、それが転売価格であっても、その人にとっては「適性価格」でしょうから、金がもったいないと思わないはず。

 転売行為にイラつく人というのは、普段から転売によって自身が購入できないと悩まされている人に多いと思うのですが、Switchとかミニファミコンを転売購入している人って、普段は「転売」なんて縁遠い生活を送っている気がするんですよねぇ…。

 だから「ちょっと高くても、欲しいモノが確実に買えるのなら、時間を無駄にしなくて済むぶん生産的じゃん」などと思っているのではないかなぁ…と思います。
 その考え方を、一方的に攻めるのは難しいかなぁ…と。
 そもそも、プレミア価格つけて売ること自体は、昔からあるごく普通の行為ですしね…。


 Amazonやオークションあたりで「転売禁止にしろ」って声もありますが、プレミア付けて転売すること自体は商行為としては至極普通な気もするので、なかなかルールを作って転売禁止にするのは難しいのかもしれません。

 結局、有効な対策としては、「商品が適正量供給されることによって、欲しい人が定価で購入できる状態を維持する」という、当たり前のモノしか無さそう。

 「いつでも買えるだけの商品を供給する」のが理想でしょうが、生産能力との兼ね合いや、作りすぎで不良在庫になっちゃうとメーカーとしてもたまらないはず。すると、潤沢な供給を維持できないいケースも出てくるでしょう。

 となると、残る対策はメーカーが「受注生産を優先する」ことぐらいかなぁ…と思います。
 予約して2週間ぐらいで手に入る体制が整えば、転売ヤーもリスクを考えてあまり頑張らなくなるでしょうし、転売購入する人も正規購入に走る人が多くなるんじゃないですかねぇ…。

 そう考えると、Switchの「公式サイトで予約すれば(時間はかかるものの)高確率で入手できる」ってのは、なかなか良い対策かなぁと思います。
 個人的には、全額前払いってのはイロイロ面倒じゃね? と批判的でしたが、購入時払いだと、とりあえず予約しちゃう転売ヤー大量出現で混乱するでしょうから、やむを得なかったのかなと、思い直しました。

 ま、それでもAmazonでのSwitchの転売がまるで減っていないところに闇を感じてしまいますが…。
 Switchを普通に買えるのはいつかなぁ…。
[ 2017/09/18 20:47 ] ゲームいろいろ | TB(0) | CM(0)

『Oculus Rift』使って1週間。PC画面を大画面で楽しむHMD用途だけでも元は取れた 

「Oculus Rift」が届いてから2週間ほどたったので、レビューというか感想的なものを。


1:大画面は正義
 Oculusと言えばVRですが、僕が今のところいちばん恩恵を受けているのは、VRコンテンツよりも「ヘッドマウントディスプレイ(HMD)による大画面化」。

 Oculus自体は、ソニーのHMZ-T1といった家電HMDのように、BDデッキやゲーム機と接続することはできないのですが、Oculus用のアプリを使うことによって「PCのデスクトップを仮想空間に大画面で投影」できます。

 したがって、プレーヤーやブラウザで再生する動画はもちろん、通常のPCゲームも大画面化が可能。
 さらに、キャプチャボードがあれば、外部入力経由でBDデッキやゲーム機でもOK。
 また、PS4であればWindowsでリモートプレイが可能なので、キャプチャボード不要で簡単に大画面化ができます。

 Oculusの画面がどれくらいデカいかというと、めいっぱい大きくした状況では、画面の端が視界に入らないほど。
 正直、Oculusで映画やアニメを見たあとは、通常モニターで見てもイマイチ気合いが入りませぬ。困った。

 それぐらい、大画面化による迫力や臨場感の向上はすばらしいものがあります。

 とりあえず、これだけで5万の価値はあったと断言できるレベルw

 「VRゲーム機」の将来はまだ不透明で、ぶっちゃけOculusやVIVEが盛り上がらず、タイトルがたいして揃わないまま終わる可能性も少なくありませんが、個人的には「高性能低価格ヘッドマウントディスプレイ」として活用することで、十分に元は取れました。



2:VRコンテンツのスゴさは作り方次第
 VR系ゲームをいくつかやりましたが、「よくできたVRコンテンツの没入度」は凄まじいです。

 とくに感動したのは、Oculusのチュートリアル。
 「仮想空間で感じられること、できること」がよく伝わってくる素晴らしいデキでした。


↑VRでやると、この空間の中に自分がいるような気分に。
子供の頃に想像した「ちょっと未来の科学が発達した部屋」が本当になったようで、ワクドキします。



 他にもOculus謹製の「MISSION:ISS」や、ロボット操縦体験デモ「War Robots VR: The Skirmish」などは、かなり興奮しました。

 とくに、ロボットものは、VRとの相性が良さそうだなぁと感じました。
 飛行機や車は、動きが速すぎてどうしても視線が前方の狭い範囲に集中してしまうため、VRのパノラマ感の恩恵をあまり得られないのですが、ロボットだと適度にスピードが遅いから全方位を見る余裕があるんですよね…。



 他では宇宙空間を飛びまわるスペースシミュレーター系(「ELITE:DANGEROUS」「EVERSPACE」)あたりとの相性が良かったです。
 宇宙空間はそれほど精密な描写が必要ないというのも、いい方に転んだ原因と思われます。


 一方で、VRではあっても、あまりスゴさを感じないモノも…。
 例えばレースゲームの「DIRT RALLY」なんかは、コクピット内にいるかのような360トラッキングを実現しているのですが、じゃあそれで「まるで本物のような臨場感」が実現されているか…と言われると正直微妙。
 視界だけリアルにしても、それ以外の感覚は追いつかないため「ゲームっぽさ」を認識しちゃうからかなぁ…。
 もしかしたら「実体験したことがある」系のコンテンツとは相性がよくないのかもしれません。


3:将来性は…?
 PSVRをはじめ、発売前の話題性から考えるとイマイチ乗り切れていない印象のVR機器。
 その将来性を考えるち、「VRならではの体験を表現できるタイトルがそろうかどうか」にかかっているのかなぁと思います。

 VRのゲームって、既存のゲームとは「おもしろさの本質」はもちろん、ビジュアルの見せ方や操作性など、なにからなにまで違っています。
 そのため、VRで楽しいゲームを作るには、「VRでのゲーム作成のノウハウ」を学び直す必要性があるのかなぁと感じました。

 で、VRの特性を活かしたゲームが多く出てくれば、VR機器の表現力のポテンシャルの高さから、「家庭用ゲーム機器」として普及していく目もありそう。
 しかし、現在の市場規模などを冷静に考えると、化けるのはなかなか大変なのかな…と思います。

 理想のパターンとしては、PSVRがある程度成功して、そこで培われた技術がPC系にも降りてくる…ってところでしょうか。


 あとは、小さい市場規模ではあるものの、PCならではの手作り感あふれるタイトルで細々と生き残りながら、ブレイクする日を待ち望むって道もあるかも?
 PC系って素人開発に優しいから、ニッチなものでもけっこう生き残り易い。
 Oculus&VIVEは一定数のユーザーは確保しているので、大規模展開はムリでも、インディーや同人的な展開は、絶滅することはないんじゃないかなぁと楽観視しています。



おまけ;問題点いろいろ
 まず、PCゲームを大画面化してプレイする場合、重いモノは処理が追いつかなくてダメです。

 たとえばPUBGの場合、普段は60FPS~30FPSぐらいで問題なくプレイできるところが、Oculus経由だと10FPSとかになってまともにプレイできません。
 通常は120FPSぐらい出てるDiablo3の場合で50FPSぐらいでした。

 ただし、うちのPCはi52500kを3.8Ghz駆動&GTX970なので、よりハイスペックであれば、ある程度快適に動かせるかもしれません。


 あと、大画面での試聴を想定した場合、Oculusのモニターは解像度がそこまで高くないため「精細さ」が、通常のモニターで見る場合よりかなり劣ります。
 つまり全体的に「ぼわっ」とした感じになる。

 動画やノベルゲームなどのビジュアルを楽しむコンテンツであれば、大画面化の恩恵が大きいので精密さの欠如は打ち消されますが、文字などは滲んで読みづらいことこのうえないため、テキスト量が多いゲームや漫画などを楽しむのには向いてないです。

[ 2017/09/07 10:41 ] デジモノ | TB(0) | CM(1)